北欧建築デザインのリーディンカンパニーの1つで、世界的にもとても有名な会社のオフィスを
見学させてもらいました。
ホテルやオフィス、学校、住宅など幅広くデザインしているこの会社は、
社員自身が働く場所である自社オフィスのデザインにもとても力を入れていて、本当に素敵でした。
こんな素敵な空間で働いていたら、きっと良い発想がどんどん浮かんできるんだろうな。
「働くことが暮らしの一部に溶け込んでいる。」
そんな印象を受けるこのオフィスはカルチャーショックでしたね。
居心地のよさと機能性が両立していて、さすがデザインの国スウェーデンのオフィス!

正面は一面ガラス張り。
太陽の光がたくさん入って、
職場とは思えない明るい雰囲気。
コンペ用の建築模型。 デザインに関する資料や本がたくさん。
会議室1
チェアーはヤコブセンのSeries7

待合室兼ミーティングスペース
アアルトのアームチェアーNO402
一人で集中して仕事がしたい時
のための個室
社内に入った途端に
広がる景色は最高!
会議室2
やっぱりデザイナー家具でした。

会議室3 
デスクとチェアーは自社オリジナル。
テラス1 
ここで食事をしたりコーヒーを飲んだり
 
テラス2
太陽がたくさん入る開放的な空間
オフィスから見た風景。
「一番景色の良いところ=社員が使うスペース」
になるように設計されています。

追記:見学の機会を与えてくださった、竹井さん、平山さん、本当にどうもありがとうございました。